本文へジャンプ

看護部紹介

看護部長あいさつ
写真

看護部長 佐藤 裕子



 新潟県立中央病院は、がん診療・小児周産期医療・救急医療の機能を充実させ、上越地域の医療連携の拠点病院として貢献し、患者さんに信頼される病院として職員一同努力しています。また、災害拠点病院としてDMATを派遣し、求められる役割が果たせるよう努めています。そのため、看護部では、病院機能を支える臨床看護実践能力の高い人材育成が責務です。「病院局人材育成プログラム」をもとに教育体系を整備し、「やりたいことがやれることに」をスローガンに看護職員1人ひとりの成長を支援しています。 そして、次世代の看護職員を育成できる実習環境を整え、看護大学や専門学校からの臨地実習も多く受け入れています。



看護部理念

「患者さんに寄り添い、安全・安心であたたかい看護を提供します」



看護部の方針
1 安全安心な看護を提供します。
2 チーム医療の一員として高度医療、救急医療を支え、専門職として自己研鑽に努めます。
3 高齢化社会にあたり、地域・福祉との連携を深め、看護の継続に努めます。
4 業務の効率化を図り、経営に参画します。

看護体制

1 看護体制
   ・一般病棟            7:1看護
   ・救命救急センター(20床)     4:1看護

2 看護提供方式
     ・PNS(パートナーシップナーシングシステム)
     

3 勤務体制
   ・日勤:08:30~17:15(遅番あり)
   ・準夜:16:30~01:15
     ・深夜:00:30~09:15



専門・認定看護師等の育成状況
1 専門看護師:がん専門看護師
2 認定看護師:皮膚排泄ケア  糖尿病看護  がん性疼痛看護  緩和ケア
        摂食・嚥下障害  認知症看護  救急看護  集中ケア
        新生児集中ケア  手術看護  がん放射線療法看護
3 アドバンス助産師 18名
4 感染制御実践看護師


教育目標

1 看護実践能力の向上を図る
2 自らの責任で学ぶ態度を養う
3 社会人・職業人として豊かな人間性を養う

  • 高度医療のご紹介
  • 数字で見る新潟県立中央病院
  • 地域連携センター
  • 総合相談センター
  • 各種教室のご案内
  • 内視鏡センター

ページの先頭へ戻る