本文へジャンプ

当院の終末期医療の基本的な指針

1.基本方針
 当院の医療従事者は、終末期を迎える患者さんおよびその家族に対して適切な説明を行い、話し合いを通じて相互理解に努め、最終的には患者さん自身の意思を尊重し患者さんの望む最適な終末期医療を提供することに努力していきます。

2.終末期の定義と終末期医療について
 「終末期」とは、回復の見込みのない疾患に冒されて、死が避けられない末期の患者さんの状態です。回復の見込みのない疾患とは各種悪性腫瘍のみならず、非がん性疾患である臓器障害系疾患(慢性心不全、慢性呼吸器疾患、透析)、神経難病(ALS等)、認知症、多発性脳梗塞など多種多様な疾病を含んでいます。なお、患者さんが終末期状態にあるという判断は、医師・看護師等多職種から構成される医療チームよって判定・確認される必要があります。

  「終末期医療」とは、終末期に行われる医療の総称であり、それに携わる医師を含めた医療チームは、疾患に関する医療のみならず、全身管理、緩和医療、リハビリ医療、適切な看護等に精通しておくことが求められます。

3.終末期医療のあり方

a)患者さんの意思表明がある場合

患者さんの意思(自己決定)を尊重し、医療・ケアチームと十分に話し合い、合意した上で、患者さんが望む最善の医療を行います。なお、この場合患者さんが拒まない限り家族にも、患者さんが希望された終末期医療について説明します。

b)患者さんの意思が確認出来ない場合

①家族が患者さんの意思を推定できる場合には、その推定意思を尊重し、 家族と相談のうえで、患者さんの病態に応じた適切な終末期医療を提供します。

患者さんに家族がいない場合あるいは家族が当院に治療方針を委ねた場合には医療・ケアチームで十分な検討を行い、その患者さんにとって最善の方針を決定します。なお、医療・ケアチームで医療内容が決定できない場合には、倫理委員会即応部会に相談のうえ治療方針を決定します。

③患者さんとの話し合いで合意が得られない場合、あるいは家族間の意見がまとまらない場合には、倫理委員会即応部会で検討を行い、その勧告に応じて患者さんまたは家族との話し合いを行い、理解が得られるよう努めます。

) 当院では、いかなる状況であれ積極的安楽死は容認しません。


これらの基本方針は固定したものでなく、時代の変遷に応じてその時点で最適と考えられるものに改訂していきます。なお、従前の終末期医療に関わる当院の通達等はすべて廃止とします。

附則)この基本方針は平成25年8月1日から施行する。


  • 高度医療のご紹介
  • 数字で見る新潟県立中央病院
  • 地域連携センター
  • 総合相談センター
  • 各種教室のご案内
  • 内視鏡センター

ページの先頭へ戻る