本文へジャンプ

リハビリテーション科

スタッフ

人数
理学療法士(PT)  7名
作業療法士(OT)  4名
言語聴覚士(ST)  2名
受付  1名
14名

(H29.4.1現在)

リハビリテーションとは

 心身に障害のある人に対し、その障害を可能な限り回復させるとともに、残された機能を最大限に活用し、より自立した社会生活を送れるように援助することです。そのために、様々な技術と知識を持った専門職により構成されたリハビリテーションチームが、障害者とその家族に対しあらゆる面から援助を行います。


当院のリハビリテーション科の特徴

 当院には22の診療科があり、上越地域の基幹病院として高度急性期医療を担っています。リハビリテーション科は様々な科からの依頼に応じるため、運動器リハビリ、脳血管疾患リハビリ、呼吸器リハビリ、心大血管リハビリ、がんリハビリの施設基準を取得し、急性期のリハビリテーションを行っています。また、医師、看護師、ソーシャルワーカーなど他の部門との連携に力を入れています。呼吸療法認定士、ボバースアプローチ認定セラピスト等の資格者が多くおり高度なリハ・サービスの提供につとめています。その他に脳外科とのケース会議、整形外科とのケース会議・回診・文献抄読会などを行っており、看護学生、リハビリ学生の実習受け入れも行っています。


  • 高度医療のご紹介
  • 数字で見る新潟県立中央病院
  • 地域連携センター
  • 総合相談センター
  • 各種教室のご案内
  • 内視鏡センター

ページの先頭へ戻る